医学的に行う禁煙治療とは

禁煙は医学的な治療により行うことができます。特に健康保険を使う治療では期間が12週間でなおかつ計5回の診察を受けることになります。初回の診察ではまずニコチン依存症かどうかを確認します。この検査により保険診療を受けることができるかどうかを判断します。次に吐く息の一酸化炭素の濃度を調べます。タバコに含まれている有害物質がどの程度残っているのかを判断します。これらの検査をしたら改めていつから禁煙を開始するのかを医師と相談して決定します。この時、開始日を決定したら「禁煙宣言書」にサインする必要があります。宣言書にサインをしたら医師にこれらのアドバイスをしてもらうために現在の健康状態やこれまでの喫煙歴や禁煙歴等を色々と聞かれます。これまでの経緯から医師が対処法を考えていきます。方針が決定したら禁煙補助薬の紹介をしてもらい、薬の特徴と使い方を説明します。初日はこのような診察を行います。次に2回目の診察ですが、2週間後に行われます。初回と同様一酸化炭素濃度の検査が行われ、それに応じて医師からアドバイスをしてもらいます。この時点で不安がある場合はそのことについて医師に相談することをお勧めします。次に3回目の受診ですが、初回から1ヶ月後に行われます。この回でも一酸化炭素濃度の検査が行われ、その結果に伴い医師からアドバイスをしてもらいます。4回目の診断は初回から2ヶ月後に実施されます。この回も一酸化炭素濃度の検査を行い、医師から禁煙のアドバイスをしてもらいます。そして最後の診断日は初回から3ヶ月後となります。最後の診断もやはり一酸化炭素濃度を検査します。そして医師からアドバイスと治療が完了したことが伝えられます。今後の禁煙で不安要素がある場合はここで医師に相談すると良いでしょう。