田舎と芸人で増加している禁煙者

以前は、テレビドラマに出演するのは俳優のみでしたが、今日においては芸人の人気が右肩上がりで、俳優に負けず劣らずです。
そのため、テレビドラマに芸人が大役で出演するということも珍しくなくなってきています。
テレビドラマといえば、喫煙シーンが大きな役割を果たしますが、近年では社会が禁煙志向ということもありテレビ番組の中で喫煙シーンを放送するということはありません。
一部の田舎を除き、長年横ばいだった喫煙率は下がっており、今後ますます禁煙する人は増えると考えられています。
そもそも、社会全体で禁煙を推奨しているのは、煙草が美容面や健康面に大きなダメージを与えることが判明しているためです。
健康面や美容面で好ましくない影響が生じてしまうのは、活性酸素が関係しています。
活性酸素というのは、人間の身体が疲労感を覚えたり、ストレスを感じた時に体内に発生する物質です。
そのような物質が、煙草を1本吸うだけで、100兆を超える数発生するのです。
増加してしまった物質を除去するためには、体内に存在しているビタミンCの大部分が消費されてしまいます。
体内から急激に多量のビタミンCが失われてしまうと、様々な症状が生じます。
まず、耳が聞こえにくくなり吐き気や腹痛を感じるようになります。
若い年齢の時に禁煙しなければ、高齢になった時難聴に見舞われるリスクが高まるとされています。
難聴の他には、味覚と嗅覚が鈍くなる上に、骨粗しょう症や白内障になるという報告もされています。
また、白髪が増加したり、皮膚にくすみやシワが見受けられるようになります。
老化現象が著しくなるので、頬がこけてしまい、実年齢よりも老けて見受けられるようになります。