禁煙を失敗する理由として異性の存在が

禁煙を失敗してしまう理由というのはいくつもありますが、異性の存在がそうさせてしまうということも少なくありません。
カップルの片方がタバコを吸っている場合、禁煙を成功させるというのはそこまで難しいものではありませんが、片方がタバコを断とうとしていても、相手側がやめる気がないとなれば成功させるのはかなり難しいものとなってしまいます。

禁煙を成功させるのに効果的な方法としては、喫煙環境をなくすということがひとつあげられますが、パートナーが喫煙者である場合必然的に喫煙環境に身をおくことになります。
タバコは依存性の強いものですから、喫煙できない環境であっても我慢をするのが厳しい物を喫煙できる環境で、更に相手が喫煙をしているとなれば、どれだけ強い意志があったとしてもタバコの誘惑に負けてしまうということがあります。

これが同性同士であれば相手が気遣ってくれることもあるものですが、異性となると相手に嫌われたくないという思いから、喫煙する側の立場が強かった場合、禁煙を成功させるのが難しいものとなってしまいます。
もちろん、そのような環境であってもきっぱりとタバコを断つことができたという人はいないわけではありませんが、多くの人はニコチン中毒になっているわけですから、吸うことができる環境であればタバコの誘惑に負けてしまいやすいものです。
そのため、絶対に禁煙を成功させたいと考えるのであれば相手の協力というのも必要になってくるので、相手も禁煙をしてもらうとまでは行かなくても一緒にいる時にはタバコを吸わないかあるいは見えないところで吸ってもらうという協力をしてもらうようにしましょう。
禁煙を成功させるには周囲の理解というのも、重要なポイントとなります。